レディ・プレイヤー1

f:id:tally:20181222151511j:plain


最高の、初体験。
新世代VRワールドで、3つの謎を解け!

原題:READY PLAYER ONE
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン / セーラ・ブロシャー
音楽:アラン・シルヴェストリ
原作:アーネスト・クライン『READY PLAYER ONE(ゲームウォーズ)』


4月―心身ともに絶不調で、「これはとびきり強い薬を打たねばなるまいて…!」と
神にすがってきました。IMAX!3D!
初めて予告を観た時は、「エッ?(コレだいじょうぶなやつかな?)*1」と
思ったのですが、杞憂でした。
グーニーズ』『インディ・ジョーンズ』系譜で、
スピルバーグ印の冒険活劇の集大成にして最新型。
これで71才て!神よ!夢をありがとう!

デロリアン VS カネダ・バイク!とか、
アイアン・ジャイアントがサムズアップ!とか、
「俺はガンダムで行く」からの椿三十郎/逆抜き不意打ち斬り!とか、
もう言い出したらキリがないのですが、
やっぱり最高ブチあがったのは、オーバールック・ホテル!!!!!
抑えても抑えきれない「ぅぉーーー……」って声が出てしまいました。

イースター・エッグが楽しめるか鼻につくか、って
どこが違うんだろう?と長年考えつづけているのですが、
監督の愛と知識の深さはもちろん、
結局観客へのサービス精神、エンタメの才能が大きいのかなと思います。

自分はゲームになじみがないので、アバターの造形が好みじゃないのが
ちょっと残念だったけど、十二分に楽しませてもらいました。
あとわたしくらいのレベルのカルチャー好きでも
ここまで楽しめたのは、日本人だから、というのが大きいと思う。
日本に生まれてよかったー!と思いました。


★★★★

*1:トロン:レガシー』がよぎった