サスペリア

f:id:tally:20190827153144j:plain


その踊りは、死を招く。
1977年、ベルリン。
アメリカからやってきた少女が、名門バレエ・カンパニーの門戸を叩いた。
そこには―。

監督:ルカ・グァダニーノ
撮影監督:サヨムプー・ムックディプローム
衣装:デザインジュリア・ピエルサンティ
コレオグラファー:ダミアン・ジャレ
音楽:トム・ヨーク


ダンス大好きなわたしとホラー大好きな夫の折衷案で、
結婚記念日に観ました。
わたしのみオリジナル未見。




152分なげー!笑
監督の熱い気迫が伝わってきすぎて……、
大マジすぎるほどにおもしろい…。
わたしの記憶に残ったのはことごとくポップな部分だったので、
ポップなショートバージョンがあったなら、そっちの方が好きだと思う。
身も蓋もない感想でごめんよ、グァダニーノ監督…。


theriver.jp

わたしはオリジナル版の方が向くかもしれないな。


ティルダ・スウィントン指揮の暗黒舞踏最高!
マブい女子たちと元気すぎるババアたちが織りなすゴア!
そこにごっそりまぶされた政治思想と、
一滴の『エターナル・サンシャイン』。

 ・ぴかぴかにツヤめく ダコタ・ジョンソンのおでこ
 ・ティルダに3役やらせる意味を、「自我(ego)、超自我(superego) 、そしてイド(ido)」と
考え抜かれたドヤりがほほえましい
 ・ババアの食事会
 ・ババアによる警官いたぶり
 ・「マルコス」→ブシャー の天丼


www.club-typhoon.com

あとは、爆誕したニュータイプの最凶悪魔像にインテリを感じました。
「次のヒトラーは反ファシズムを掲げてやってくる」とはよく言ったものだけど、
『THE BOYS』のマデリンなんかを見てても、
母性の皮をかぶった悪魔が最近のトレンドなのかなー、
なんて思いました。



★★★★