蜜蜂と遠雷

f:id:tally:20191015114859j:plain


私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?
生命と魂を懸け、ピアノコンクールに
挑んだ天才たちの 情熱と修羅の物語

監督・脚本・編集:石川慶
ピアノ演奏:河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央
春と修羅」作曲:藤倉大
オーケストラ演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
原作:恩田陸


「あの『愚行録』の石川慶監督が『蜜蜂と遠雷』!?︎」
とずっと楽しみにしていた作品。

たぶん誰がどんな作品を撮っても、
原作ファン全員を納得させることは不可能で、
かつ原作者から「前後編禁止」「3時間は長い」という制約付き。
その中で、原作から抽出するエッセンスを大胆かつシンプルに絞った、
すこぶる映画的な、大変勇気のあるアレンジに舌を巻きました。

「無上の音楽」を「読者」の耳に鳴らすことに成功してしまった原作を
映画化するには、「実際の音楽と映像で観客を徹底的に圧倒すること」と
「それが四者四様であること」が絶対命題であり、
そこに力点を置いて資源を集中しているのは
ほんとうにすごいことだと思います。
演奏シーンのすばらしさに、ただただピアノすごい!と
感動してしまいました。


好きなものへの純粋で真摯な向き合い方と、
それが自然にお互いを救うさわやかさに満ちた映画で、
とても満足したのですが、惜しむらくは高島明石の扱いかな、と。

おそらくは原作未読の観客のために、
四人の構図をわかりやすく映画的にした結果、
明石については天才たちの覚醒のトリガー程度の位置づけで、
敗北が強調される形になってしまった。
「生活者の音楽は、音楽だけを生業とする者に劣るのだろうか」
という問いかけだけで泣けてしまうような、
おれたちの代表・高島明石。
映画は栄伝亜夜の物語になっているけれど、
原作は、まちがいなく高島明石の物語でもあるので、
すこしさみしい気はしました。*1


石川監督は、黒沢清監督に似た資質があると思うので、
天才への「畏怖」や「異物感」の気配が感じられたのも良かったです。
ホラー撮ってほしい。
石川慶監督をこれからも追うべき監督だと確信できたのが、
一番うれしいです。


★★★★

*1:でも、原作未読の方で「『春と修羅』は高島明石の演奏が一番好きでした」という感想をいくつか見かけたので、ここまで意図しての決断なのかな、という気もする