ジョン・ウィック:パラベラム

f:id:tally:20191021151733j:plain


世界はおまえを許さない
伝説の殺し屋は、復讐の果てに逃亡者となる
ノンストップ・キリングアクションは、いま驚異の進化を遂げた!

原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM
監督:チャド・スタエルスキ
脚本・キャラクター原案:デレク・コルスタッド
脚本:シェイ・ハッテン、クリス・コリンズ、マーク・エイブラムス
撮影監督:ダン・ローストセン
編集:エヴァン・シフ
プロダクションデザイナー:ケヴィン・カヴァナー
衣装デザイナー:ルカ・モスカ
音楽:タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード


毎回アクションが更新される、おれたちのキアヌによる
信頼できるシリーズですが、今作は今までの中でも一番好き!
筋と代償と犬が尊ばれる世界 最高!!


毎回新たな「~・フー」アクションを生み出し
観客を魅了してくれるジョン・ウィックですが、
今作はとくに前半の「~・フー」飽和状態がものすごくて、
しかも一つ一つが大大大好き!
NY公共図書館の本!ナイフ手裏剣!漆黒の馬蹴り!


とりわけ、言わずもがなの「Dog Fu」!!!
ハル・ベリーと犬たちのコンビネーションには、
今年一の興奮をいただきました。
これで何杯でもお酒が呑めます!ありがとうございます!
アクションでこんなに感動したのは初めてかも……。
うつくしすぎる犬たちの躍動に号泣してしまいました。


f:id:tally:20191021153339j:plain


私的「犬がアツイ映画」ベストを更新したかもしれない……。



後半は正統派アクションになっていくので、
玄人ほど楽しめるんだろうなーと思いつつも、
さすがにショットガンリロードには血湧き肉踊りました。
かっこいーーー!うつくしいーーー!
ほんとトムちんとキアヌのアクションへの情熱はどうかしてると思います。
陰陽が逆なだけで、最高にして最狂のベクトルは同じなのかもしれない。


★★★★