イノセンス 

f:id:tally:20181231224950j:plain


イノセンス それは、いのち。

監督・脚本:押井守
原作:士郎正宗攻殻機動隊
音楽:川井憲次
主題歌:伊藤君子「Follow Me」
  

うがー。すげぇ。もう1回観てぇー。糸井重里が「くらくらする」と評していましたけれど、ほんとうにくらくらしました。引用の難解さにも映像美にも世界観にも。

映像に関しては、CGが妙にちゃちく見えたりして。それがアニメーションの精巧さと融合して、えもいわれぬキッチュな雰囲気を醸し出しており、すっごくくらくらきました。

ストーリーはシンプルかつエモ―ショナル。だけど何回も観たくなる。テーマやメッセージも個人的にはとても面白かったです。「話は面白くない」と言ってる人を会場内で何人か見かけたけれど。

あぁとにかくもう1回観ないと話になんないや。ガブリエルの可愛さと言ったら、ない子(愛犬)が降臨していたよ。


★★★★★


■    ■    ■    ■    ■


観賞後、TV東京のスタッフにつかまり、「イノセンスの感想を―特に女性からの感想を拾ってるんですけど…」との指令あり。どんな答えを期待されているのかが全くわからない。丁重にお断りしました。それにしてもさすがテレ東…特攻な企画だなぁ。


朝まで文化祭に関しては、客層がすっごい興味深いところだったんだけど、場所柄か意外とカップル率・小洒落率が高くてビックリ。お洒落眼鏡率が異様に高かった。アヴァロンを観に行った時の客層とは裏腹。東幹久似のバカそーな男が「ラストサムライ観て、サムライになろうと思ったね!」とかゆってて、ますます客層がわからなかった。


まずは52Fの展望台から夜景を堪能。
思わず「ネットは広大だわ…」と言っちゃいそうな素晴らしい夜景。


いったん会場を出て、お茶した後、トークショーへ。
最初、押井さんのトークを見てたのだけど、声がぼそぼそすぎて、何言ってっかさっぱりわからなかったので、糸井重里×鈴木敏夫の方へ。トークはとっても面白かったです。2人とも頭良いし、話術も巧みなのでね。映画についてもたぶん話そうと思えば、もっと深いところまで話せると思うんだけど、客にわかりやすく親切に話をしてました。「わからなくてもそれは頭が悪いからじゃないよ」みたいな。糸井重里ポタージュ1/6に出たらおもしろいと思う。


他にもDJタイムとかあったんだけど、明るいし、完全喫煙だし、開放的な空間過ぎるので、盛り上がりには欠けとりました。ただ電子バイオリンとか電子木琴とかがDJにジョイントしてたのはなかなか良かったです。太鼓叩いてるひとがかっこよかった。私もジャンべやりたくなっちゃったな。