NOPE/ノープ


最悪の奇跡が起こる。

監督・脚本・製作:ジョーダン・ピール
撮影監督:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
視覚効果スーパーバイザー:ギョーム・ロシェロン
編集:ニコラス・モンスール
プロダクションデザイナー:ルース・デ・ヨンク
衣装デザイン:アレックス・ボーヴェアード
音楽:マイケル・エイブル


『サイン』ガチ勢のわたしとしては、快哉を叫ぶしかない!サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!前2作で称賛された批評性やアート性を極力抑えて、こんなケレン味たっぷりの超娯楽大作へと飛躍させてくるなんて……!さすがコメディアンだけあって、自らの前作をフリにしている感すらあるし、「スペクタクル依存」を描いたというこの映画にまんまと狂喜乱舞している観客というアイロニーも計算ずくな気がする。


ジョーダン・ピールらしい各地に散りばめられたモチーフはいくらでも読み解き可能だと思うし、画としての強度もすばらしい。(ホイテ・ヴァン・ホイテマーーー!)白馬に乗った黒人→黒馬に乗った黒人→白人が乗ってきたバイクで疾走する黒人、という流れの見事さなど挙げ出したらきりがない。

映画史への視線や、消費される対象(マイノリティ、動物、UAPまで)にまつわる搾取の連鎖、反転あるいは逆襲、という意味合いも強く感じられる。


その中で個人的に一番強く響いたのは「恐怖に立ち向かうにはどうすればいいのか?」というシンプルなテーマだった。そしてそれが「見る/撮る」ことだということ。前2作で被差別の恐怖を描いてきたジョーダン・ピール監督が、3作目にしてそれに「撮る」ことで立ち向かうと決意表明しているようで、胸が熱くなった。

キャラクターの配置も良かった。
冒頭のOJはいわゆる「映画における黒人」像とはかけ離れた寡黙なキャラクターで、他人と目を合わせることがない。その彼が「見る」という行為に一番敏感だし、並はずれた覚悟を持って彼が「見る」時こそがクライマックスになるというのがまた……!
ティーヴン・ユァンの存在感も完璧。克服できそうだった恐怖をずっと引きずっているジュープは、ショーに貶めることで恐怖を飼い馴らそうとしているように見える。ジュープ(イエロー)とゴーディ(モンキー)は見世物としての侮蔑やフラストレーションを心の奥底では共有していたようにも見えるし、「ある時を境に空っぽになってしまった」感が『バーニング』を踏まえているようで最高。


少し薄味だけど、父親やカウボーイ的な価値観から疎外されてきた娘が偉業をカマす(そしてまたその偉業が盗まれそうになるかもしれないが、彼女ならそれに立ち向かうであろう)ラストで〆ているところもぬかりない。

あと、地球を救うような大きな話がとても個人的な選択の話に集束する物語が大好きなので、兄ちゃんが妹の目を見ながら"JEAN JACKET"*1命名する瞬間、ブチ上がった!!!そうこなくっちゃな!

★★★★

*1:またヤツの造形が使徒だしアート性ここに振ったのかよ!と思ったしやたらもったいぶって開口していくので、めちゃくちゃ笑ってしまった

わたしは最悪。


人生は選択ー時々、運命。
"最悪"な本音が"最高"の共感を呼び世界が絶賛!
新時代を生きるすべての人に贈る、恋と成長の物語。

原題:THE WORST PERSON IN THE WORLD
監督・脚本:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト
撮影:キャスパー・タクセン
編集:オリビエ・ブッゲ・クエット
美術:ローゲル・ローセンベリ
衣装:エレン・ダーリ・イステヘーデ
音楽:オーラ・フロッタム


つまり最高。タイトルが示すとおりに一面では語れない人間讃歌。自分/誰かが最悪だと思った人間も、自分/他の誰かにとって最高たり得る。ほぼ前情報なく観たのだけれど、監督はLvTの甥なのかー!

『僕の狂ったフェミ彼女』という小説に、彼氏が「正直さ、考えると怖くならない?将来、旦那も子どももいなかったら寂しいんじゃないの?」と問い、彼女が「その代わり、私がいるはず。」と答えるシーンがあるのだけれど、"That's it!"な映画だった。


「私の人生なのに傍観者で脇役しか演じられない」わたしがやらかしながらも人生をつかんでいく様子は、『フランシス・ハ』や『セレステ∞ジェシー』を思い出したりも。


こういう映画は主人公の魅力、主人公を好きになれるかが作品のそれに直結すると思うのだけれど、ユリヤ…好きになっちゃったのよね……。「わたしはあなたの魅力わかってるよーーー!」とスクリーンの外から何度も声をかけてあげたくなってしまった。結婚も出産もしてしまったわたしだけれど、メンタルはおそろしいほど変わらない。書店で働いていたこともあるし、家に帰りたくない時もあるし、いまだに人生の迷子。そんなわけで、ユリヤの身勝手さの描かれ方の豊かさに本当にぐっときてしまったし、自分もがんばろうという気持ちになりました。

あと、その服どこで買ったのか教えてくれんか?ってなるほどファッションがツボでした。


だいじなできごとは準備も心構えも間に合わずに過ぎてしまうもの、という事象も各登場人物を通してくり返し描かれていた。観終わった後、その時!ジャスト欲しいもの!が来る、という幻想と折り合いをつけて、でも自分をあきらめず現実をやっていく、という話を最初からずっとしていたんだな、と思いました。

ヨアキム・トリアー監督はインタビューでも「個人としての意識を、自分がいる集団とどう擦り合わせていくか」「夢と現実に折り合いをつける」「“時間と存在”は、まったく別のもの」など心をぶっ刺すパンチラインを量産。「プレッシャーで行き詰まった都会っ子たちの物語」を描きつづけている監督のようなので、過去作も観てみたいし、次作も楽しみです。

ginzamag.com

soen.tokyo


★★★★

リコリス・ピザ


この出会いは運命

原題:LICORICE PIZZA
監督・脚本・撮影:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:マイケル・バウマン
編集:アンディ・ユルゲンセン
衣装デザイナー:マーク・ブリッジス
美術:フローレンシア・マーティン
音楽:ジョニー・グリーンウッド


PTA新作を観られる喜び~~~!しかもタイトルはレコード・ショップ・チェーンの名前(アナログ・レコードのスラング)!腕まくりで初日に行ってきました。

PTAってふしぎな監督だ。『TWBB』や『ザ・マスター』『ファントム・スレッド』など息苦しいほど濃密な空気の映画を撮るかと思えば、こんなに軽やかでスカスカな(よく言えば風通しの良い)、多幸感にあふれた作品も見せてくれる。『パンチドランク・ラブ』、『インヒアレント・ヴァイス』の系譜に『ブギーナイツ』のエッセンスがかかった感じ。『OUATIH』や『あの頃ペニー・レインと』を思い出したりも。
しかも今作は恩師の娘(しかも一家総出)と盟友の息子主演で、舞台・地元(サンフェルナンド・バレー)、友だち(ゲイリー・ゴーツマン)の話……とかつてないほどのプライベート感!いったい何を見せられてるんだ?と微苦笑してしまうような愛らしさが詰まっていて、終始ホンワカパッパしてしまった。とにかく主演二人の顔~~~良い~~~。

とくにずっと見ていられるアラナ・ハイムすごい。PTAが「ウォーキングの天才」と称するように要所要所でかましているウォーキングが最高。姿勢悪いのにこの魅力はなんなんだろ?と鑑賞中にぼんやり考え込んでしまうくらいだった。そういう観方ができてしまうくらいすき間が豊かな映画だなと思った。

しかし、こうして並べてみると、実はPTA作品ってしょうもないひとたちのちょっとメロドラマ的ですらある益体もない話ばかりなんだけど、どうしてそれがこんなにも胸を打つんでしょうね?この作品も「目をそらしたり、回り道やすれ違い(携帯がない世界!)もしたけれど……やっぱり彼/彼女がすきーーーッ!」というやれやれ着地にも関わらず、ものすごい清涼感と多幸感があった。全編にわたって目から伝わってくるLAの気候もあいまって、脳内がサーッと除湿されたようでした。サントラ絶対に買う!


www.banger.jp

小ネタおもしろい~


★★★★

トップガン マーヴェリック


誇りをかけて、飛ぶ。

原題:TOP GUN MAVERICK
監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本・プロデューサー:クリストファー・マッカリー
脚本:アーレン・クルーガー
撮影監督:クラウディオ・ミランダ
編集:エディ・ハミルトン
プロダクションデザイン:ジェレミー・ヒンデル
衣装:マーリーン・スチュワート
原案:ピーター・クレイグ、ジャスティン・マークス
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー、ハンス・ジマー
主題歌:レディー・ガガ


ここ15年くらいわたしの心の中の「亡くなったら一番悲しい俳優」はずっとトム・クルーズなので、IMAXでこんなん観せられたらさ……。トムの生きざまに全力でぶん殴られて泣きました。

まずは、1986年の『トップガン』を復習したのですが、これも相当感慨深かった。「あぁ…この時代ってこれが『イケてる』だったんだな…」とすさまじい郷愁が。その中でもビッカビカに色褪せないトムの魅力!とくにルッキズム全盛の時代に、170cmというアメリカ人にしてはかなり恵まれない身長で、ここまでスター/ヒーローを体現できるのは改めてすごいと感じた。

たかだか約35年で激変してしまった「イケてる男」像にトムとトップガンがどう挑むのか…と思っていたら、思った以上のストレート豪速球でトムそのもので勝負してきてて、制作陣の自信と信頼にまた泣いた。

マーヴェリック(=トム)は問題の有る無しで言ったらめちゃくちゃ問題あると思うし、自分の好みとも違うタイプの人間なんだけど、その溢れんばかりの才能と実力とスター性、ゆるぎない信念に向かっての狂気的な努力、ここでしか生きられないという切実さが、モブ(=わたし)を黙らせ深く感動させる。ただ彼のミッションの奇跡を心から祈るしかなくなる。もうトム自身が奇跡すぎて、神々しいまでの映画的説得力がある。

クリード』型の継承そしてバディへ…という展開、「戦闘機」「トム」「ハリウッド映画」が三位一体となったメタファーはもう胸熱すぎて……。続編としても完璧で、細かなアップデートに感心しつつ、丁寧すぎるオマージュには笑ってしまった。*1

久しぶりに感じた原始的で圧倒的な昂揚感!若い世代がどう感じるのか気になるけど、「ハリウッド魂は死せず!」"Not Today!"*2という心意気を感じました。とにかくもう一度観たい!


★★★★★

*1:裸ビーチとかおじになってもずっと怒られてるトムとかはさwww

*2:LOTR』といい『バトルシップ』といい、このせりふ映画映えしすぎるよな……

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス


禁断の世界<マルチバース>が、開かれる

原題:DOCTOR STRANGE IN THE MULTIVERSE OF MADNESS
監督:サム・ライミ
製作:ケビン・ファイギ
脚本:マイケル・ウォルドロン
撮影:ジョン・マシソン
編集:ボブ・ムラウスキー、ティア・ノーラン
美術:チャールズ・ウッド
衣装:グレアム・チャーチヤード
音楽:ダニー・エルフマン


サム・ライミも魔術も大好きなので、ダークなファンタジアみたいな映像は楽しかった……けどストーリーは無理すぎて、正直ずっとワンダ勝て!こんな世界は滅びろ!と思いながら観てしまった。That Doesn’t Seem Fair.

続きを読む

カモン カモン


君の話を聞かせて
突然始まった甥っ子との共同生活。
戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々。
ホアキン・フェニックス主演×マイク・ミルズ監督×A24製作
アカデミー賞常連チームが贈る最高に愛おしい物語


原題:C’MON C’MON
監督・脚本:マイク・ミルズ
撮影監督:ロビー・ライアン
編集:ジェニファー・ベッキアレッロ
美術:ケイティ・バイロン
衣装:カティナ・ダナバシス
音楽:アーロン・デスナー、ブライス・デスナー


とにかく撮影がうつくしかった。世にもうつくしいホームビデオのようなモノクロの映像は、ちょっとこちらに思い出補正すら意識させるほど全編やさしくて愛おしい。
「そのひとのすべてを理解する」ことをあきらめるということ、そのうえで「対話する」ことをあきらめないということ。内容がblah…blah…blah…であっても、第三者や台本に頼ったとしても。これは映画内のインタビューが示唆するように、家族にとってはもちろん、世界全体にとっても良い方向へ向かっていくために必要なメッセージだなぁとしみじみ尊かった。

しかしマイク・ミルズの目線のせいもあるけれど、わたしにとっては出てくる人々がみんなもれなくりっぱすぎて、ちょっと「生きててすみません…」という気持ちが顔を出したのも事実。
とくにわたしはやはり母ヴィヴに思い入れて観てしまったのだけれど、「9才でまだこんな感じなのか…?おまけにパートナーも……?しかもこのおじしか頼れない感じ………??」と胃が悲鳴をあげそうになってしまった。それであのネット台本みたいな会話日常的にできるの神すぎんか?「クソ人生へようこそ」は笑ったけども。

ジョニーも確執があった妹の子に対してこんなにジェントルな対応ができるなんて……。親でなくておじさん、という設定が良かったし、わたしは親戚に自分に似ているひとやこんな関係値のひとがいないので、とてもうらやましかった。まぁ、わたしならあの歯ブラシ大喜びで買っちゃうけどね!


★★★★

TITANE/チタン

f:id:tally:20220413105812j:plain


頭蓋骨に埋め込まれたチタンプレートが引き起こす「突然変異」。
常識を逸脱した先にある<映画>の未来を受け止められるか。
カンヌ国際映画祭パルム・ドール 2021年度(第94回)

原題:TITANE
監督・脚本:ジュリア・デュクルノー
撮影監督:ルーベン・インペンス
編集:ジャン=クリストフ・ブージィ
プロダクションデザイン:
ローリー・コールソン、リ ス・ピウ
衣装:アン=ソフィ・グレッドヒル
音楽:ジム・ウィリアムズ


ボディ・ホラーや身体損傷描写が苦手なので、「これは無理そうだな……」とあきらめていたのですが、信頼の某店主評が送られてきて、「観ないとだめそうだな……」へ方向転換。

結果、逃さないで本当に良かった。観客の好き嫌いを超越するようなすさまじさと「観たことなさ」。頭の中は「!?!?!?」、心の中は「これなんの感情!?」となっており、よくわからんがすごいものを観せられていることだけはわかる…という感じ。正直最初は「痛…つら…これは途中退出あるかも…」と脱落しそうだったけれど、終わってみれば涙を流しており、もう一度観たいとすら思っている自分がいた。


f:id:tally:20220413111353j:plain

このお方が撮ってるんか……
クローネンバーグ、塚本晋也ポランスキー、個人的にはヴァーホーヴェンのメンタリティなんかが頭をよぎりつつも、圧倒的なオリジナリティ。

とにかくメタファーがブッ飛びすぎてて、逆に観客がどのようにでも引き寄せられる度量を持った、とても普遍的なことが描かれているようでもある映画。頭にチタンプレートを埋め込まれた少女、車とのセックス、マチズモの中に潜伏する抑圧された母体、爆発で退場する「良心」、老消防士が母となって取り上げる異形の子、全編にわたって効果的に使われる様々な金属―これらがなんのメタファーなのか考えるのはもちろん、考えなくてもおもしろいのがすごい。

性/愛/善悪/家族/生死の垣根を超えた描写を観つづけていると、逆にその核みたいなものに触れるような、言葉にならない感覚がある。ラストの狂気しかないけど全力で信じてしまう「俺がついてる」、モーターショーとの対比がすばらしい消防車の上でのダンスなどは、ほんとうに様々な感情の濁流にのみこまれるようだった。


www.youtube.com


この様々な感情の中には笑いも多分に含まれていて。上記のうつくしく神々しささえ感じられるようなシーンですら笑いが感じられるのが、この映画の味わいだなぁ、と。
マカレナで心臓マッサージ、エンジンオイル母乳、屈強な消防士たちのモッシュ、きわどすぎるステロイド注射芸あたりは、なんかもう笑ってしまった。

★★★★