スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

f:id:tally:20220112144240j:plain


全ての運命が集結する

原題:SPIDER-MAN: NO WAY HOME
監督:ジョン・ワッツ
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ


早く観なきゃネタバレ踏んじゃうよー!と焦りまくっていたけれど、賢者(友だち)が「過去作復習で後悔はさせない。どうしても時間ないなら『アメスパ2』だけでも」と力強く推してくれたので、無印3とアメスパ2という卑怯な復習で臨みました。いつもありがとう…!これ感動の度合いに大きく影響するじゃんか…!

だいたいみんな同じだと思うんだけど、サム・ライミ版(とくに1)はかなりはっきり覚えているんだけど、マーク・ウェブ版あまり覚えていなかった。さらに直近のトムホの陽の印象が強いので、正直無印3とアメスパ2観返して「こんなつらい話だったっけ?」「そしてMJ(グウェン)こんな猛烈だったっけ?」とがく然とした。


とまぁこんな感じでバタバタでしたが、晴れてIMAX鑑賞。

以下、ネタバレ。

続きを読む

ハッピーアワー

f:id:tally:20220107140124j:plain


監督・脚本:濱口竜介
脚本:高橋知由
撮影:北川喜雄
助監督:斗内秀和、高野徹
音楽:阿部海太郎


濱口監督すごすぎる!とワーワー騒いでいたら、友だちが借してくれた。
期待を裏切らずほんとうにおもしろかった。5時間超えの長さを全く感じないし、サブテキスト読みたいし、サブストーリー蔵出ししてほしい……。濱口監督の講義やワークショップ受けてみたいなぁぁぁ!

とにかく脚本にマーカーを引きながら読みたいほど、パンチラインの連続。膜で隔てたような実のない会話に、ボクシングのような言葉の応酬、そして身体的コミュニケーション。それらを駆使してもこぼれ落ちてしまうものと、それらを超えて伝わるなにか。
「偶然の積み重ねが運命」、「なりたい自分との差からくる自己嫌悪」、「誰にも聞かれなかったから言わなかった」、「誰も悪くないのになぜこんなに傷つくのか」、「正しさとか関係なくない?」と、次から次へとぶっ刺さる議題が湧きだしてきて、ただただ泣いてしまう時間もあった。

もともと群像劇は大好きだけど、各登場人物への距離感が見事だった。間違って見える人の言い分も一理あるように描かれているし、ちょっと嫌いになりそうなタイミングでぐっと引き戻されたり、ずっとシーソーを揺らされ続ける。鵜飼のワークショップで語られていた「自分と他者との重心を探る」ように、映画内で繊細に調整され続けるバランスは、全編にわたってすばらしかった。
ともすれば「濱口監督は離婚テロリストだ……」と感じてしまうような内容で、実際「結婚は進むも地獄 引くも地獄」というせりふがあったり、「良い妻でありたいという気持ちには何の価値もないと、何もしないということで踏みつぶす男」という概念が描写されていたりもする。仮題は『BRIDES』だったそうだが、それを『ハッピーアワー』とほんの少しだけ希望に引き寄せたタイトルにしたことにも、このバランス感覚は象徴されているような気がする。
鵜飼の「全然わかんないんですけど、いいんじゃないですか、すごく」というせりふを聞いて、濱口監督はこういう目線で人を見ているのかな?と思ったりした。

また、特典の『幸せな時間の先に』(出演者インタビュー)がべらぼうにおもしろかった。良彦を演じた役者さんが「脚本を読んで最初は嫌い、友だちになれない、と思った。今は全然ある、友達になれる、と思う。」と話していたのが、まさにこの映画を言い表していると思った。また、ラッシュを観てどんどん魅力的になっていく主演4人にびっくりした、と話している役者さんがいて、これは本当にわたしも同じ!と思った。職業俳優ではない4人の女性のふとした瞬間が、はっとするくらいうつくしく映し出されている瞬間が何度もあって。ずっと共にワークを重ねてきたメンバーならなおさら驚きが大きいのかもしれない。

わたしは濱口監督と村上春樹には親和性があると思っているのだけれど、村上春樹の文体と同じく、濱口監督の電話帳読み演出も発明だな、と思った。あとは、自分がとても影響を受けた『マグノリア』や『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木』(江國香織)と近いものを感じて、この作品も何度も反芻することになるだろうなと思う。



★★★★★

2021年の音楽をふりかえる

ecrn awardに投稿しました!
https://ecrn.web.fc2.com/tally21.html



www.youtube.com

今年はほんとすいません!BTSしか聴いてないんですよ!
わたしがBTSを初めてawardに登場させたのは2018年なのですが、ようやく「Butter」で堂々と沼に落ちようと思いました!遅い!Dynamite新規ですらない!*1 ずっとKポ沼へのお誘いは受けていたんですが、自分含めてみんな、わたしがハマるなら絶対にガールズグループだと思ってたんですよね…。
そうと決めたら即過去の履修。おかげで余暇のほとんどを捧げてしまいました。今年、わたしは途方に暮れていて。子どもはめちゃくちゃかわいいけれど、二児の母という属性にどうしてもなじめなくて。そんな属性にまつわる「社会的偏見や抑圧」を文字通り「防弾」してもらいました。本当に助かったし、人生初の推し活めちゃくちゃ楽しかった。


そんなわけでBTS以外の音楽は、平日の夕食時か休日の朝に子どもたちといっしょに聴くのがメインでした。もしくは就寝時にMIX流すくらい。もうアルバムに向き合う気力がない、って10年以上前からずっと言ってる気がするけど、今年は今までの自分の好みとはちょっと違うものを流す楽しみをひそかに感じることができました。


awardの順位とは少し前後するけど、そういう風によく聴いた6枚はこちら!











Jubilee

Jubilee

  • Dead Oceans
Amazon





よかった曲。

  • Campanella feat. Kid Fresino / Puedo


www.youtube.com


  • Anderson .Paak / Fire In The Sky


www.youtube.com


  • Doja Cat feat. SZA / KISS ME MORE


www.youtube.com



www.youtube.com


  • FNCY / TOKYO LUV


www.youtube.com


  • スカートとPUNPEE / ODDTAXI


www.youtube.com


  • Silk Sonic / Skate


www.youtube.com


  • Justin Bieber feat. Daniel Caesar, Giveon / Peaches


www.youtube.com


  • Regard, Troye Sivan, Tate Mcrae / You


www.youtube.com


  • Magdalena Bay / Secrets (Your Fire)


www.youtube.com


娘お気に入り枠

アルバムでも挙げたけど。とにかく死ぬほど聴きましたね。

  • Park Hye Jin - Let's Sing Let's Dance


www.youtube.com



さて、昨年目標に掲げた肉体改造ですが、ようやく出産前の体重に戻りました!体重が元に戻らないまま第二子を妊娠したので、ずっと体重オーバーの状態が続いていたのですが、わたしと推しは身長がほぼ同じなので「推しはこの体重!(しかも筋肉込み!)」と念じていると、ふんわり「体重戻したいな…」と思っていた頃より確実に効果が出ました。
バレエ習ってますと言うのが恥ずかしいほどからだが硬く、ターンでは目を回すわたしですが、先生に「ターンと股関節の使い方がいきなり上達したけどどうした?」と聞かれて、心当たり一つしかない…って思いました。ようやくポワント(トゥシューズ)のレッスンも再開でき、とても楽しかったです。推しよ、ありがとう!

  • BTS feat. Megan Thee Stallion - Butter


www.youtube.com

*1:てか誰か彼ら自身が制作に携わっているから楽曲のクオリティについては心配しなくて大丈夫と一言教えてほしかった…そしてThree 6 Mafiaハンス・ジマーを好きなメンバーがいるよ、と…

2021年の映画をふりかえる

2021年、つらかった……!
復職し、平日はワンオペに。この期に及んで二児の母という属性にいつまで経ってもなじめず、「これがわたしの望んだ人生だっけ?」とぼんやりしてしまうことが多かった。そんな合間にとぎれることなく訪れる腫瘍手術(夫・愛犬も)、子らの発達遅れ疑惑、コロナ休園、母の脳梗塞未遂、隣人トラブルetc……。花恋の菅田将暉並みに(概念としての)「死んだ目でパズドラ」ととなりあわせの日々でした。

さいわい(?)担当業務が急を要さないものに変わり、コロナ禍シフトで週休3日制だったので、映画館へ行くチャンスには恵まれました。これには本当に救われた。(裏を返せば、全然働けてないな…という懊悩はあった。)
来年からはそれも終了なので、今は先のことを考えるのは止めにしています…。


では、今年もベスト10まで以下列記。


1.ドライブ・マイ・カー



2.サウンド・オブ・メタル



3.街の上で



4.すばらしき世界



5.偶然と想像



6.プロミシング・ヤング・ウーマン



7.ラストナイト・イン・ソーホー



8.アメリカン・ユートピア



9.エターナルズ



10.シャン・チー テン・リングスの伝説



自分の行動範囲がせまかったこともあるのか、ごくごくささやかで個人的な物語にぐっときました。
そして記憶している限り、ベスト10内に同じ監督の作品を入れたことはないので、本当に濱口竜介監督すごかったな、と。同時代にすばらしい監督の新作を追えるありがたさよ!

いちばんよかったなと思う役者さんは、役所広司さんかな。西川美和監督の『スクリーンが待っている』も読んだのですが、やっぱり底知れない俳優さんだな、と。


あとは、役者としてというかとにかくキャラが好きすぎるオークワフィナ。『フェアウェル』も遅ればせながら今年観たんだけど、同年代だったらけっこうまじめにロールモデルにしていた気がする。


シスターフッドフェミニズムという面では、映画にもリアルな女友だちにもめちゃくちゃ助けられました。各位、引き続きどうぞよろしくお願いします。来年もなんとか生きる!

偶然と想像

f:id:tally:20211227134309j:plain


驚きと戸惑いの映画体験が、いま始まるー

監督・脚本:濱口竜介
撮影:飯岡幸子
助監督:高野徹、深田隆之
美術:布部雅人、徐賢先
スタイリスト:碓井章訓
メイク:須見有樹子


今年の濱口監督すごすぎる!今日本で一番好きな監督かもしれない。そして『街の上で』今泉力哉監督の時も思ったけど、このやり方ならずっと撮りつづけられるし無敵じゃん。
偶然のつみかさねが、ひとを思いがけない場所に飛躍させ、良くも悪くも未練や呪縛から解放してしまう。どの話も悲喜こもごもで、軽やかな味わい深さと奇妙な晴れやかさがある。テーマからしてそうだけど、村上春樹短編を思わせる味わいがあって、もともと親和性が高いのかも…と思ったりした。


f:id:tally:20211227134336j:plain

◆「魔法(よりもっと不確か)」
この話が一番楽しかった。わたしは完全にカズを応援する体制に入っており、彼がゆれるたびに心の中でワーキャーしてしまった。『浅草キッド』でも「なんて色気のあるたたずまいなんだ!」と感心した中島歩さんがまたいいんだ…。
『寝ても覚めても』の時も思ったけれど、実際に友だちだったらちょっときついかもしれない芽衣子というキャラクターの行動がこんなにも腑に落ちてしまうのはなんでだろう?衝動で生きているように見えてしっかり想像力を働かせている人として描かれているのがとても良かった。


f:id:tally:20211227134347j:plain

◆「扉は開けたままで」
これが一番複雑な味わい。3篇とも女性に寄り添っていて、1篇が進むごとにだんだん主人公の女性の年代が上がっていく(20代~40代?)つくりになっているのだけれど、この物語の主人公が一番惑っているように見えた。そのせいか一番失ったり得たり解放されたりの振り幅が大きくて、笑ったりドキドキしたりした。
教授のキャラクターもおもしろくて、「扉は開けたままで」に固執するさまに彼の世慣れなさ、不器用さ、誠実さが感じ取れるようだし、またオープンに見えるその行為が逆に彼を縛っているようにも見える。彼の顛末は気の毒にも思えるけれど、「扉を開けたままにする」ことから解放されたようにも思える余白があった。なんとなく彼女のことうらんでない気がする。
若い男には本当に腹が立つけど、最後のキスでだいぶ呪われた気はする。


f:id:tally:20211227134341j:plain

◆「もう一度」
三篇ともとてもおもしろかったけれど、とくに自分にはこの第三話が刺さった。こんなにささやかな物語にパラレルワールドタイムリープシスターフッドを込められるなんて!登場人物と年代が近いので、自分の気持ちを代弁されてもいるようで、『ドライブ・マイ・カー』に続き勝手に救われた思い。
「幸せじゃないなんて言ったら怒られる」という生活をしながらも、「心燃え立つものがない」「時間にゆっくり殺される」と感じている人が映画の中に生きている。「幸せじゃないよ〜!」と即答できる人と答えられない人、どっちがしあわせなんだろう?などと考えてしまった。


★★★★

ラストナイト・イン・ソーホー

f:id:tally:20211221113845j:plain


夢と恐怖が、シンクロする
魅惑的で恐ろしい、60年代ロンドンへようこそ

原題:LAST NIGHT IN SOHO
監督・脚本・製作:エドガー・ライト
脚本:クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
編集:ポール・マクリス
撮影監督:チョン・ジョンフン
衣装:オディール・ディックス=ミロー
美術:マーカス・ローランド
音楽:スティーヴン・プライス


キワキワのキワを進みながらものすごくぐっと刺さるのが、『プロミシング・ヤング・ウーマン』と同じ今を映す傑作。

以下、ネタバレ

続きを読む

あのこは貴族

f:id:tally:20211209135518j:plain


同じ空の下、私たちは違う階層を生きているー。

監督・脚本:岨手由貴子
撮影:佐々木靖
編集:堀善介
美術:安宅紀史
スタイリスト:丸山晃
衣装:大森茂雄
ヘアメイク:橋本申二
音楽:渡辺琢磨
原作:山内マリコ


すばらしい原作の、すばらしい映画化。
地方の輩も都心の貴族もせまい世界を出ないという点では同じ生き物、人には人の地獄がある、という視点。性別や家柄や地域の呪縛に苦しみながら、女たちが連帯して自由になろうとする姿を清々しく描く。これだけでもうすでに意義深いし尊いな、と思います。とにかくこういう作品が日本に増えてほしいな、と。

トランスジェンダーとハリウッド』を観て、やはりメディアを通して、自分のポジションやロールモデルを形成する人が多いと感じたので、どんどんこういうあり方を見せてもらえるとありがたい。わたしももう少し自由になれたかもしれない、という思いと、これからのわたしと娘のあり方に勇気をもらえた。

そして個人的には、自分の中の回路1,2本を切らないと観られないレベルで……。外部生、かつ美紀が最初につきあう相手が所属するサークルにいたわたしですので…。*1
原作を読んだ時点でもうあるあるが過ぎて、刺さるを通り越して笑ってしまっていたのですが、映像化されるとより強烈でうまく頭が回らず。なんだかんだで「みんながあこがれる幻の東京」が好きで、「好奇心は猫を殺す」型の青年だったわたしは、行ったことのある場所、やったことのあることが多すぎて…。水原希子の美貌が過度な感情移入のストッパーとして常に働いてくれてはいたけれど。

良かったシーンはたくさんあるのだけれど、①石橋静河カロンタワー ②幸一郎との中華屋別れ話 ③華子の「全て美紀さんのものだから」がとくにわかりみが深すぎて嗚咽しました。
①わたしはヘテロだけれど、どうにも男性より女性への解像度と衝動が強いので、この石橋静河を見かけたらまちがいなく全力ダッシュで連絡先交換しにいく。好きー!
②言葉にすると陳腐になる関係性の中に宿る、言葉にできないなにか。つきあっているわけではないのにせざるを得ない別れ話。経験則から言っても長く続いた絆にはそれなりの理由があると思っている。高良健吾の深みよー!シスターフッドもので男性キャラクターの解像度が低いと、かえってそれがノイズになって本来のメッセージが刺さりづらく感じるのだけれど、幸一郎の描き方は原作以上の解像度ですばらしかった。
③一気に華子に気持ちを持っていかれるキラーワード。これなー!これが一切ないのなら誰が為の人生よ!

f:id:tally:20211209145657j:plain


ラストの余韻もすばらしかった。全編を通して言えることだけれど、階層を表すかのような立ち位置やロケーション、ファッションやメイクや所作まで考え抜かれていて、本当にていねいに描かれた映画だった。


★★★★

*1:名前も同じなんて!