ウエスト・サイド・ストーリー

f:id:tally:20220317112531j:plain


ひとつになりたかった。ひとつになれない世界でー
ドリームチームが”伝説のミュージカル”に挑む!

原題:WEST SIDE STORY
製作・監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン、サラ・ブロシャー
美術:アダム・ストックハウゼン
作曲:レナード・バーンスタイン
作詞:スティーヴン・ソンドハイム
振付:ジャスティン・ペック
指揮:グスターボ・ドゥダメル


さすが映画の神!風格がちがう!ヤヌス・カミンスキーのキメッキメのリッチな撮影にも圧倒されました。この撮影と演出にかかれば、どんな話だってごちそうになっちまわぁ……。


f:id:tally:20220317113805j:plain

まずわたしはミュージカル、とくにダンスが大好きなので、もう群舞が楽しくて楽しくて。


f:id:tally:20220317113218j:plain

計算し尽くされた鮮やかな色彩配置と複雑なフォーメーション、ダンサーたちのキレと躍動感とそろいっぷり。ずっと観てられる~~~!


f:id:tally:20220317113935j:plain

その喧噪がさっと引き、2人だけの世界がはじまるシーンの演出、映画的に見事すぎて鳥肌でした。個人的にはここがクライマックス。


f:id:tally:20220317113245j:plain

アニータ役のアリアナ・デボーズさんのパワフルなダンスは最高で、出てくるたび「もっと踊ってくれ!」と思ってしまった。


逆に言うと、そうでない物語の部分は、もともとロミジュリ的な物語が好きじゃない、という身も蓋もない合わなさは残ってしまった。端的に言うと、主人公カップルが出てくるとテンションが下がってしまった。

今回リフ&ヴェルマ、ベルナルド&アニータがものすごくキャラが立ってて、魅力的なカップルに感じられて、「もっと観ていたいな」となったんだけど、本来そこは主人公カップルに担ってほしかった。それでもマリア役のレイチェル・ゼグラーは圧倒的な歌唱力と恋に恋するような乙女感(目に星が飛んでた)で健闘していたと思うんだけど、アンセル・エルゴートがなあ……。レイチェル・ゼグラーとの並びもどこかちぐはぐだし、決して下手ではないんだけど、一人実力がちょっと落ちる気がしてずっと気になってしまった。
もともとWSSについては、ダンス好き・物語苦手の自分にとって、主人公カップルが分が悪いのは重々承知なんだけど、歌・ダンス・演技・魅力・カリスマ性・カップルとしての相乗効果*1ー、どこか一点でも突破してほしかった。*2しかし、これはスピルバーグ自身があまり主人公カップルに興味ないのでは??という気もした。


★★★★

*1:それこそロミジュリのレオ&クレア・デーンズ的な

*2:でも、トニー自体がすごく難しい役だとも思う。備えていなければならない要素が多すぎる上に、大人すぎたり賢すぎたりしてもいけない