愛がなんだ

f:id:tally:20190527111054j:plain


全部が好き。
でも なんでだろう、
私は彼の 恋人じゃない。

監督・脚本:今泉力哉
助監督:八神隆治
脚本:澤井香織
撮影:岩永洋
編集:佐藤崇
美術:禪洲幸久
スタイリスト:馬場恭子
音楽:ゲイリー芦屋
原作:角田光代


ジェーン・スーさんに相談したら、「それは執着」
「アラフォーになったら覚えてない」って斬られる案件を、
飛び越えていくさまがすごかった。
スーさんや片岡礼子ら、人生経験に裏打ちされた先人の言葉は
ある意味真理なんだろう。
けれど、それでもやっぱり、その枠に
当てはまらないひとや留まらないひともいて、
そこにはもはや共感など求められてはおらず―。*1
もっと言えば、失くした恋も並行世界ではこんな風に
ブッ飛んでいるかも…とすら思わせるような
パワーのある作品でした。

前作に続き、甘酢乞食垂涎の繊細な描写。
口に出して定義してしまったら、こわれてしまうような
関係性のはかなさ。
今泉監督は、名前をつけられないような感情や関係性、
届くべき人に届かない想いや恋愛の不均衡、
片想いの最強さ、に興味があるのかなと思いました。

そして、特筆すべきは、若葉竜也演じる仲原くん!!!
彼を好きにならずにいられるひとなんているでしょーか!?

f:id:tally:20190527115035j:plain

彼を観るためだけでも、この映画は価値があると思う。
ナカハラっちに幸せになって欲しい!
なんかおいしいものたくさん食べさせてあげたい!と心底願う点で、
わたしの心境はかなりすみれさんに近いものがあり、
おせっかいして嫌われないように気をつけなければならない、と思った。(現実との混同)

そしてまた、仲原くんの想い人である葉子さんも
きちんとさみしい人であり、仲原くんへの想いを抱えているのが
たまらなく良かった。
終盤、テルコとの殴り合い*2の迫力たるや。
あのクリティカルヒットの打ち合いは、
同性同士でないとできない気がする。

マモはよくわからなくて、逆にちょっと興味がわいた。
マモはすみれさんとつきあったら予想通りの俺様男になるのか?
コンプレックスの吐露は、そこそこ本心なのか、
それとも甘い言葉をかけてほしいだけの釣りなのか?とか。*3
とりあえず飲みに呼び出しといて自分が壁側、
テルコ下座に座らせるのが、くぅ〜〜〜しびれるッてなりました。
ほんとうは原作を先に読んでおきたかったけど、
予約図書の到着が間に合わなかったのが悔やまれる。


note.mu

こんな話なら永遠に読んでいられるよ。*4
友だちの感想いっぱい聞きたくなる映画でした。

金麦/エビス/プレモル!戎!酔の助!


★★★★

*1:わたしは「田中守になりたい」とか「田中守の親兄弟になりたい」と思ったことはないような気がする

*2:言葉の

*3:成田凌が演じてるからどういう容姿レベルの設定なのかよくわからない…

*4:おんぶのポスタービジュアルの話とか、3人でしかとれないバランスの話、ひざ打ちまくり