プロメア

f:id:tally:20190605135905j:plain

燃えて、消す!
それが流儀だ。

監督:今石洋之
原作・脚本:中島かずき
原作・アニメーション制作:TRIGGER
キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝
音楽:澤野弘之


祭が渋滞しているな…どの祭に行けばいいの…?
と思考停止した結果、公開順に攻めていくことにしました。
まずはpt.1。

この祭は参加してよかったやつなのかわからない。
なにしろわたしは『グレンラガン』も『キルラキル』も見ていないのである。
「これが日本のMCU」みたいなコメントを目にして、
「でもそれっていきなりエンドゲームに参加しちゃう感じかしら?」と気を揉みつつ観てきました。

楽しかった!ビビッドな色と画の爆発。
2D⇔3Dの関係は『スパイダーバース』の反転のようでワクワクするし、
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
のような終始フルスロットル感にぐいぐい引っぱられる。
上記以外にも『エヴァ』『シン・ゴジラ』『X-MEN』『ダークナイト*1東京事変」なんかが
とりとめもなく脳裏をよぎっていきました。
あとなぜか『スペースチャンネル5』(転換の間の取り方)。
テーマ的にも「父殺し」「世界VS個人」「マイノリティ側から見た世界」
「呪縛からの覚醒」「対立からの共闘」とかもう全部乗せって感じで。

すごいなーノンストレスだなーと思ったのは心理誘導。
マッドバーニッシュへの肩入れから
萌えないロボ造形のメタモルフォーゼまで
見事に誘導されてるなーと苦笑してしまいました。

設定も緻密。
2969.hatenablog.com


しかし、「細かい話はどーでもいい!アツい!エモい!」とのめりこめたかというと
残念ながらそうではなく。。。
やはり知識や思い入れがないからか、
感情より頭が先行してしまった気がします。

とくにファンの方が絶賛されている「音楽」が、わたしにはまったくダメで。
効果音やビート感は疾走感があって高揚するのですが、
ボーカルが乗ってくるととたんに快感がしぼんでしまうシーンがいくつもありました。
「あぁ~せっかく気持ちよくなりかけてたのに……」と。
でもこんな感想見たことないから、わたしがおかしいんだろうな。

とにかくその音楽に足を引っぱられながら
ノンストレスな心理誘導でつるっと観れてしまった結果、
「結局よくわかんないけどたのしかった??」となり、
「でもなんかもっと楽しめた気がするんだよなぁ…」という謎の不完全燃焼感が残りました。
このあたりは、今度かずき大好きな友だちに教えを乞いたいところです。

追記:ここまでの違和感ではないにせよ、ラストのモヤりはわかる気がする…。

fusetter.com

fusetter.com


★★★

*1:クレイのキャラ造形がトゥーフェイスっぽい